パソコン選びのコツ!用途に合わせて購入しましょう

パソコンの購入を考えているなら、まずはどのような用途で使うかをよく考えた上でどんなタイプのパソコンを買うか決める必要があるでしょう。

パソコンは安い物と高い物の値段の上下幅も非常に広くなっています。

そのため使用用途的に使わない機能にまで費用を掛けてしまうと費用負担が大きくなってしまうためです。

何が必要で何が不要な機能なのかをよく吟味しましょう。

パソコンの用途から選ぶ

パソコンをビジネスで使うのか、個人でちょっとした動画を見るのに使うのか、または最新のゲームを思い切り遊ぶために使うのか、動画やゲーム制作などクリエイター活動に必要なのかなど、パソコンが必要なケースには様々な理由が考えられます。

一般的には個人でちょっとした動画鑑賞やサイト閲覧をする場合には個人向けパソコンなどが向いているでしょう。

値段も比較的安く、ディスプレイなしの本体のみなら3万円前後から6万円前後で販売されている事が多くあります。

ゲームをプレイする場合はグラフィックの描写機能や処理機能も高いゲーミング用パソコンが必要で12万円前後から20万円前後ほどやや高い傾向にあり、クリエイター用のパソコンも同じく作業を滞らせないために処理機能が高いクリエイターモデルパソコンが求められるためおよそゲーミング用パソコンと同じくらいの値段のものが多い傾向にあります。

少し特殊なのがビジネス向けパソコンです。

一般的に個人向けと同程度のものもありますが、中には性能はさほど高くなくても値段が高い物が用意されています。

これはパーツに高耐久性のものが選ばれているモデルで、万が一にも大事なデータが壊れて使えなくなってしまわないために配慮されているモデルです。

場合によってはこうしたビジネス向けパソコンは20万円を超える物もあるようです。

パソコンの形状・種類を吟味する

大まかにどういった方向性のパソコンを買うかが決まったら、次はより細かくどんな形状や種類のパソコンを買うのかも決めていきましょう。

これは使用用途と置き場所などを考えると自然と決まっていく傾向にあります。

まず個人の部屋で使ったり、会社のオフィスに置いて動かさないパソコンを持ち運んだりしない場合であれば、タワー型のデスクトップパソコンが良いでしょう。

デスクトップパソコンは大型ながらも性能と価格のコストパフォーマンスや内部の冷却性が高い事から連続稼働性能も高く、基本的にはこれを選ぶのが良いでしょう。

似たタイプにモニター一体型デスクトップパソコンもありますが、こちらは内部の冷却性が低くなっているため、場所は取らなくなるものの連続稼働による負担が大きくなっています。

パソコンをビジネスなどで持ち歩いて使ったりする場合は、やはりノートパソコン選ぶことになるでしょう。

できるだけ小型にして持ち運びを重視したい場合は更に一回り小さいモバイルノートパソコンというものもありますが、キーボードのボタンも小さく狭くなってしまい、手のサイズによっては非常に操作や打鍵がしにくくなる問題も有るため、実寸が見られないネットの通販よりも一度店頭などで触ってみてから購入するのがおすすめです。

パソコンを購入するお店を選ぶ

パソコンを買う上でどのお店を選ぶかは非常に重要です。

というのも一般的には家電量販店などで買う場合はメーカー製品、パソコン専門店などで買う場合はBOTパソコンと言う物になり、それぞれ保証や修理にかかる期間などが違うためです。

家電量販店で購入する場合はパソコン全体を一つのメーカーが作り上げたもので、修理の際もメーカーの向上に一度送る必要があるため時間が長めに掛かる傾向があります。

また保証期間が切れた後の有償保証が比較的高額になり、新しい新品に買い替えたほうが良いケースなども出てきます。

パソコンショップでは様々な会社が出しているパソコンのパーツをそれぞれ組み合わせて一つのパソコンに組み上げた言わばショップブランドのカスタムパソコンとでも言うべきもので、修理の際も店舗で行い、店にある代替できるパーツに組み替えるだけなので非常に素早く対応してもらえる特徴があります。

また保証期間が過ぎた後の有償保証の際も、壊れたパーツの代わりに入れるパーツをある程度複数の中から選ばせてもらえることもあるため、メーカー修理と比べて費用を安く抑えられるケースが多い傾向にあります。