パソコンメーカーの特徴をご紹介

パソコンの購入を検討しているならどのメーカーの製品を選ぶかという点は非常に重要です。

メーカー毎に強いパーツの分野や独自の技術・サービスなどがあり、自分の求める要素に強いメーカーを選ぶことが満足いくパソコンの購入に繋がるからです。

以下ではパソコン専門メーカー・国産電機メーカー・外資系メーカーそれぞれの会社の特徴をご紹介します。

パソコン専門メーカー

パソコン専門メーカーは各種パソコンパーツメーカーの商品を集めてショップ独自の組み合わせで作ったパソコンを販売しています。

多種メーカーのパーツを組み合わせた物なので修理対応が非常に早く臨機応変なのがパソコン専門メーカー全体の特徴です。

こうした性質上お店が違っても同じパーツを使っていることも多く、そうなると問題はどういう方向性の組み合わせ技術が高いかになってきます。

中でも『ドスパラ』はゲーミングパソコンへ力を入れており、ゲームに必要なグラフィック処理性能の高いGALLERIAシリーズをリリースしています。

またパーツの一部だけを変更するカスタマイズなども受け付けており納得いくパソコンが購入しやすいでしょう。

パソコンにある程度詳しい場合は『パソコン工房』も良いでしょう。

パソコン工房はニッチな製品なども仕入れてあり、全体的に安価でコストパフォーマンスのよいパソコンを組むのに向いています。

もちろん性能が高いパソコンにも強く、処理速度が早く作業を遅延させないクリエイター向けパソコンを比較的安価で購入できるのが特徴です。

またパソコン工房は知識の豊富なスタッフにも定評があり、素早く丁寧な修理対応を期待することができます。

国内電機メーカー

国内電気メーカー製のパソコンは、基本的にメーカーが自社系のパーツで揃えて作られた物です。

品質が一定しており汎用性の高い性能のパソコンが多い傾向にあり、また基本的にディスプレイなども一式まとまったセットで販売しているのがパソコン専門メーカーと違っています。

国内電機メーカーとして特に有名なのが『NEC』でしょう。

コストパフォーマンスはパソコン専門メーカーには叶いませんが、ごちゃごちゃとした配線が少ない一体型パソコンやノートパソコンのリリースが多いため、初心者にとってはより扱いやすいパソコンが多いと言えます。

テレビとして使える機能を標準装備しているモデルもあるので、よりスペースを取らずスマートに使えるのが特徴です。

同じくパソコン有名メーカーとして双璧を成すのが『富士通』になります。

こちらもNECと同じく初心者向けのパソコンを多く扱っており、一体型パソコンやノートパソコンが主力となっています。

価格帯にも大きな差異はありませんが、こちらは60歳から始めるパソコン生活に向けたシニア向けパソコンも取り扱っています。

シニア向けでは見やすいように大画面であることを前提とした商品が多く、シニア割という割引サービスを受けられるのも大きなポイントと言えるでしょう。

外資系メーカー

外資系メーカーのパソコンはなんといってもデザインの優れた物が多いのが特徴です。

より見栄えがしてインテリアの一つとして部屋に起きやすいパソコンを求めている場合は良い選択肢となりえるでしょう。

特に有名なのは今や多くの人が知っている『Microsoft』です。

マイクロソフト社は2in1という、ノートパソコンにも似ていますがより持ち運びや取り回しが良くなった新しいタイプのPCを主力としています。

ノートパソコンのキーボードに当たる部分を折りたたんでタブレットのように使うこともできますし、従来のようにキーボードでの入力にも出来るため様々なシーンに合わせて使い方を買えることができます。

またこちらも多くの人が知っているメーカーの『Apple』も忘れてはならないメーカーと言えるでしょう。

Apple社のパソコンはMacパソコンと言われており、Windowsとは違ったタイプのOSを使うことになります。

しかし処理能力は申し分なく、デザインに優れた物が多いのも特徴です。

主にデザイン関係のクリエイターにはApple社のMacパソコンを使っている人が多い傾向にあります。