外出先でノートパソコンをインターネットに繋ぐ方法は?

ノートパソコンの利点は携帯性に優れている点です。

デスクトップパソコンとは違い、バッテリ駆動が可能です。

薄型でコンパクトサイズのノート型なら、ビジネスバッグにもすんなり収納出来ます。

外出先でインターネットを利用する方法が豊富になりました。

移動中の車内や旅先、出張先などで快適にネット接続をするためにはどういった方法がベストなのでしょうか?

街中に設置されたフリーWi-Fiを活用する

外出先でノートパソコンをインターネットを接続する方法と言えば、フリーWi-Fiの活用です。

街のいたるところに便利な公衆無線LANが設置されています。

外国人観光客の誘致のため、そして一般消費者を効果的に集客する目的で、今では様々な施設や店舗に設けられています。

フリースポットの利点は文字通り無料でWi-Fi回線が使える点です。

今現在、市販されているノートパソコンはWi-Fi機能を標準仕様で搭載しており、簡単な手続きで街中のフリースポットに繋げます。

コンビニエンスストアやショッピングモール、駅や空港など身近な施設や店舗に設置されているので、都心部なら接続先に不便する事はまずないでしょう。

郊外の地域だったとしても、いわゆる観光地であれば観光客向けの公衆無線LANが用意されている可能性大です。

ホテルのロビーや客室に便利なフリーWi-Fiが用意されている事もあります。

観光地に向かう電車や高速バス、飛行機の車内にも便利なフリースポットが用意されており、自宅以外でもノートパソコンを気兼ねなくネットに繋げます。

パスワードで暗号化されていないフリースポットにはリスクが存在

フリースポットの利点は無料で使える点であり、スマホやタブレット端末で使うキャリア回線とはまさに対照的なものです。

キャリア回線は、通信量に応じて通信料金が加算されるケースがほとんどです。

またスマホで大量のデータ通信を行うと通信制限が掛かります。

一方で街中の公衆無線LANなら通信料金が発生したり通信制限がかかる恐れがありません。

HD画質のネット動画を長時間満喫しても、移動中の車内でオンラインゲームを堪能しても、クラウドストレージに大量のデータをアップロードしても問題は大丈夫です。

利用時間に制限があったり、通信速度が平均的であったりと、気になるポイントはあるものの、外出先でも普段通りの作業がノートパソコンでサクサク進められる事は、難点を補って余りある程のメリットです。

ただフリースポットに繋ぐ際、気を付けたいのがセキュリティ面です。

パスワードで暗号化されていないフリースポットにはセキュリティ面の脆弱性があります。

通信中の内容が第三者に盗み見されたり、個人情報が流出したりウイルス感染やスパイウェア感染のリスクが潜んでいます。

大手チェーンの店舗や有名ショッピングモールのフリースポットは安全性が比較的高いですが、サービスの提供者が不明な公衆無線LANへの接続は安全管理の観点から自重した方が賢明かもしれません。

確実にネット接続環境を得たいならモバイルルーター

全国各地に便利な公衆無線LANが設置され始めていますが、まだまだ充分にカバーされているとは言えません。

セキュリティ面や接続スピード、回線の安定感など、設置された施設によってパフォーマンスはピンキリです。

出張の時や観光の時、普段と変わらない安心安全のネット接続環境を得たい、こう思っている方は外出先のフリースポットに依存するのではなく、モバイルルーターを用意しておきましょう。

モバイルルーターは個人でも手軽に契約出来ます。

リーズナブルな月額料金で契約出来るのが利点であり、若い男性陣のポケットマネーでも充分捻出出来ます。

また出張や旅行に出かける期間のみモバイルルーターを使いたい、そういった場合はレンタルサービスを使うのがオススメです。

モバイルルーターを携帯すれば、手元のWi-Fi対応機器が外出先でも快適にネット接続出来ます。

フリースポットよりも回線速度が良好な事が多く、セキュリティ面でも安心感が持てます。