HDDとSSDの違いとは?どのように選べばいい?

HDDとSSDは混同される事がしばしばありますが、物理的に別々のPCパーツです。

それぞれメリットとデメリットを持っています。

例えば同じノートパソコンでも、HDDを搭載したモデルとSSDを搭載したモデルがあり、それぞれに利点と欠点があります。

一概に優劣をつけられる物同士ではありませんので、ユーザーの求める目的によって使い分けるのが賢い選択です。

HDDのメリットとデメリットについて

HDDはスタンダードな記憶媒体です。

主にパソコンや据え置き型ゲーム機、そしてブルーレイディスクなどに搭載されています。

正式名称はハードディスクであり、文字通り内部には円盤型の部品が取り付けられており、機器を起動するとディスクの回転音が聞こえるのが特徴です。

SSDに比べて非常に費用対効果が良く、1TBや2TBといった驚異的なデータサイズのHDDが、お買い得な価格で市販されています。

街の家電量販店やネット通販サイトで、気軽に1TB超えのHDD搭載の製品が購入出来ます。

大量の画像やデザインデータ、動画などを保存するのに最適です。

USBケーブルで接続する外付けハードディスクというタイプもあります。

テレビやゲーム機本体に搭載されたHDDの容量が一時的に減っても、リーズナブルな外付けハードディスクを別途購入する事で、機器を買い替える事なく、新しい情報を更に保存できます。

HDDのデメリットですが、まず外部からの衝撃に弱い点が挙げられます。

常時内部のパーツが回転している関係で耐衝撃性があまり良くはありません。

HDD搭載の機器を卓上から誤って落下させたり、外部から強い打撃を受ける事で保存していた大量のデータが正常に読み取れなくなるのです。

SSDのメリットとデメリットについて

SSDとは簡単に言えば、大容量になったフラッシュメモリーの一種です。

HDDとは違い複雑な構造をしておらず、SDカードやフラッシュメモリーのように本体サイズは薄くコンパクトになっています。

SSDの大きなメリットとして挙げられるのがレスポンスの良さです。

HDDに比べてデータの読み書きに掛かる速度が良いです。

SSD搭載のノートパソコンはOSの起動時間が迅速であり、データの読み書き全般が高速になりますので、高機能なデザインソフトやリアルタイムで情報をやり取りするオンラインゲームなども快適に扱えます。

またSSDはHDDとは違いファンが搭載されておらず、静穏性に優れています。

静かな図書館やオフィスで作業する上でパソコン本体の静穏性は大事です。

加えて耐衝撃にも優れており、普段から携帯する機会が多いタブレットやノートパソコンに向いています。

SSDのデメリットですが、費用対効果はあまり高くありません。

一般的な価格帯のノートパソコンだと128GBから256GBのSSD搭載となります。

またコストパフォーマンスに優れたタブレットや初心者向けのノートパソコンだとSSDのサイズが64GB以下になる事が多いです。

64GB以下では実質半分以上がOSの情報で占められ、満足に使う事が出来ません。

一般的な価格帯でも256GB前後、快適にSSDを使うためには512GB以上の容量が必要となりますが、費用対効果が芳しくないので非常に高価なモデルしか選べないのが欠点です。

HDDとSSDは目的に合わせて使い分ける事が肝心

長時間の動画や高解像度の画像データを大量に保存したい、こういった目的がある場合はHDD搭載のパソコンがオススメです。

スタンダードなモデルでも1TBを超える大容量の記憶容量が搭載されており、安心して大量の情報を保存できます。

また自宅の書斎で、据え置きで使うデスクトップパソコンであれば耐衝撃性や静穏性にこだわらなくてもOKです。

HDDの欠点が実質的に関係なくなるので自宅用のデスクトップ型ならコストパフォーマンスを最優先しHDDモデルを選ぶのも良いでしょう。

SSDは耐衝撃性と静穏性に優れているため、外出先で普段から作業する事が多い方に最適です。

容量が小さいのがネックですが、大量の画像や動画を保存しない方であれば大きなリスクはありません。

仕事で大量のデータを作成したり受け取った時も、クラウドストレージに随時預ける事で、SSDの容量がコンパクトでも実質的に不便さは感じません。