CPUとは何か?どのように選べばいいのか?

パソコンを選ぶ際に必ず出てくる「CPU」という用語。

意味が良く理解できず、パソコンの購入自体を断念、もしくは看過して適当に選ぼうとしている方も多いのではないでしょうか?「CPU」はパソコンのスペックに大きく関わってくる要素の一つです。

全く理解していないままパソコンを買ってしまうというのは、賢明な判断ではないと言えるでしょう。

CPUとは?

「CPU」とはCentral Processing Unitの略で、命令を解読し実行する装置と、命令の解読や実行を制御する回路を含んでいる、コンピュータの主要部分です。

具体的には、演算装置、制御装置、主記憶装置および制御盤からなります。

そのため、一時記憶をするメモリーや長期記憶をするハードディスクと同じく、パソコンのスペックを定める上で重要なファクターになってくるのです。

コアおよび用途によるコア数の選び方について

「コア」とは「CPU」内で実際に演算等を行う部分のことで、「コア数」とはその数です。

単純に言ってしまえば「コア数」が多ければ多いほど同時に行える処理の数が増え、「CPU」の性能が高くなるのですが、その分かかる費用も高くなってきます。

そのため、みだりに「コア数」が高い「CPU」を積んだパソコンを選ぶのではなく、自身の用途に見合ったものを選ぶのがベストです。

具体的に言うと、メールや文章作成、webページの閲覧等をするなら2コア程度、より専門的なプログラムを組んだり動画編集をしたりする場合は4コア程度、ゲームをする場合は8コア以上が必要になってきます。

スレッド数とは?

「コア数」をスペック表等で確認した際に「4コア/4スレッド」、「4コア/8スレッド」などといった表記を目にし、「スレッド」に対して疑問を持ったことでしょう。

この「スレッド」について理解するには「コア」についての理解をもう少し深めなくてはなりません。

「コア」は本来、その「コア」にあった処理数を超えての処理は安定して行うことができないようになっています。

しかし、できないようになっているだけで、実は「コア」内には「ゆとり」が存在しているのです。

その「ゆとり」部分を「HTT=Hyper Threading Technology(インテル製)」または「SMT=Simultaneous Multi Threading(AMD制)」と呼ばれる技術を用いて、一つの「コア」同様の処理をできるようにしたのが「マルチスレッド化されたCPU」です。

分かりやすく言うと、「スレッド」が一つずつしかない4コアの「CPU」がこなせる処理の限界が4だとしたら、「スレッド」が二つずつある4コアの処理の限界は8になる、ということです。

要するに、「スレッド」とは「コア」が担う処理を、実際に行える部分を指す言葉であり、その数が「スレッド数」なのです。

「スレッド数」は「コア数」ほどパソコンのスペックに与える影響は大きくはないですが、処理の効率化には大きく貢献していると言えます。

「コア数」同様、用途や見積りに合わせて選ぶと良いでしょう。

クロック周波数とは?

コンピュータは複数の電子回路が信号を送受信することで様々な処理を行っています。

「クロック周波数」とは、このコンピュータ内部の回路間で行われている信号の送受信のタイミングをとるためのテンポのことです。

周波数が高ければ高いほど処理性能が高くなりますが、近年では「クロック周波数」を上げすぎたことでCPUが発熱してしまい、商品にすること自体が困難になってしまったため、「クロック周波数」を上げることによるスペック向上は衰退し、「コア」を増やしたり内臓キャッシュメモリの大容量化を図ったりなどといった方法でスペックを上げるのが主流になっています。

以上の現代のパソコン事情により、「クロック周波数」はそこまでの差がないため、あまり気にする必要はありません。

「クロック周波数」だけでは「コア」による性能差を埋められないので、仮に「クロック周波数」を気にするとしたら、同じ「コア数」内で比較し検討すると良いでしょう。

 

PR

妊婦の方は、しっかり、葉酸も摂取しましょう!

妊娠したい人、また妊娠中の方は胎児のためにも「葉酸」を積極的にとるようにしましょう。

私はおすすめしたいのは、ベルタから登場したベルタ葉酸マカプラスという葉酸のサプリです。

参考:ベルタ葉酸マカプラスの口コミ・評判

食事だけで摂取しようと思うと、かなり大変ですよね。 そこでやはり食事+サプリの併用をおすすめしたいですね。口コミも大変良いのでおすすめです。